読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来年のこと

来年のことを考えていた。

年末のことも考えていたけど、納めることが見当たらないので、年末の独特な空気感に騒ぐ世間の流れにうまく乗れずにいた。

 

自己研鑽に費やした一年であれば、この一年を振り返った時に湧き上がる感慨の一つや二つあったろう。一年中だらだらしていたおれにその権利がないのは当然だ。

まあ今年の目標は「なるべく気を張らない」だったので、目標どおりに過ごせてはいたのだけど、そんな一年だったから、おそらく達成感が欲しいのだと思う。そして努力の跡が形として残ることを望んでいる。

 

自分でも浅はかだなあとは思うが、もうすぐ年始なので、馬鹿馬鹿しいと打っちゃるにはもったいない。1年の計は元旦にありと言いはすれど、ぶっちゃけみんな年末のうちに企みは終えているのだ。そうに違いない。過去を振り返った時に、いっしょに未来を想像しないことはないから、みんなが一斉に浮き足立ってしまう。年末年始の独特な空気とはそういうことなんだろう。

何をしようかな。優柔不断なおれはきっと、年が明けるまで来年のことを考えている。